あかるい子保育園(沖縄県うるま市)
あかるい子保育園(沖縄県うるま市)
(2015年01月20日)

弊社HPを見て、園長先生からお問い合わせ頂いたのが2012年10月。そこから検討期間2年3か月を経て、この度、第一期園庭改造工事が完了しました。
お問い合わせ頂いた当時、沖縄での園庭づくりは、未経験でした。ゆえに、プランの修正もさることながら、検討期間の多くを亜熱帯気候に属する沖縄の気候・風土、そこに根差した様々な動植物やそれらを取り巻く環境、さらには生活文化を知ることに費やしてきました。
その結果、以前の園庭では、広いことだけが唯一の良さのように思えた園庭ですが、今回の第一期工事では、沖縄の身近な自然と触れ合いながら、まさに子どもたちがわくわく「遊び込める園庭」づくりができたのではないかと思っています。
また、第一期工事の最終日には、子どもたちと保護者、先生方と植樹祭をして、みんなでたくさんの木を植えました。(果樹や花木等の高木14本、低木14種類52本)
職員の先生方も加わり、園全体で取り組んだマスタープランをもとに、今回の第一期の後は、二期・三期へと続いていきます。
今後の工事では、沖縄の気候・風土に根差した、子どもたちのセンス・オブ・ワンダーをもっともと育んでいける園庭づくりをしていきたいと思います。
今後に乞うご期待!



DATE
園名:社会福祉法人 栄福祉会 あかるい子保育園
住所:沖縄県うるま市字栄野比357番地の4
施工日:2015年1月5日~1月18日
施工規模:約300㎡


園の声

こんなにも園庭が変わるなんて驚きです。

これから子どもたち・職員たちと一緒におもいっきり遊んで、色んな感動をつくっていきたいと思います。