ゆうわ保育園(沖縄県宜野湾市)
ゆうわ保育園(沖縄県宜野湾市)
(2014年11月25日)

第一期工事、乳児園庭ができましたっ!

最初に園に伺ったのが2012年10月。
そこから打合せや園庭の勉強会、メールでの意見交換を繰り返し、約2年1か月を経て、第一期工事を終えることができました。

まず最初は、沖縄の身近な自然を知ることから。沖縄は、亜熱帯気候に位置するため、本土の自然の植生とは大きく異なります。
計画から施工までに時間を要したのは、そうしたことを学ぶための時間でもありました。
こうして完成した乳児園庭では、本土では聞き慣れないが沖縄では身近な樹木(花木や果樹等の高木を6本、低木を全7種類25本)植えました。
沖縄は日差しが強烈なため、砂場の南側の築山には、砂場に広く大きな影をつくるホウオウボクやゴールデンシャワーを植えました。これによって乳児たちも、木陰の下で砂遊びを存分に楽しむことできると思います。

乳児園庭の隣のサッカースペースでは、通常の赤土土壌をスキトリ、砂質土に替え、その上から成熟したセントオーガスチン芝を敷きました。
後は、管理作業の中で、肥料等栄養分を補えば元気に育っていきます。

次回からは、幼児園庭づくりの二期工事へと続いていきます。
これからの動向にも、乞うご期待!!



DATE
園名:ゆうわ保育園
住所:沖縄県宜野湾市野嵩
施工日:2014年11月