ゆうわ保育園(沖縄県宜野湾市)
幼児園庭が出来ました。
(2015年12月8日)

園舎の建て替えに伴い、一から園庭作りを行いました。

2013年3月に第一案の提案を行い、その後検討を繰り返し、昨年10月に「乳児園庭」が完成。そしてこの度「幼児園庭」の完成により、園庭づくりが完了しました。

乳児園庭では、沖縄の自然の中にある砂場と築山のイメージで、乳児さんたちがほっこり遊ぶことができる空間をつくりました。

そして、今回完成した幼児園庭では、園庭の真ん中に琉球石灰岩の石垣、その石垣を繋ぐように見晴らし台、他にも砂場やビオトープ池も作りました。また、それらの間をぬうように沖縄の花木や果樹をたくさん植えました。

地面には、セントオーガスチンという芝も植えました。また、ビオトープ池もあり、身近な生きものとの触れ合いも存分に楽しめることでしょう。

弊社の園庭作りのテーマである「自然と冒険」を、沖縄ならではの素材で実現できたことに、大変喜びを感じています。



DATE
園名:社会福祉法人 輝福祉会 ゆうわ保育園
住所:沖縄県宜野湾市野嵩4丁目22番1号
施工日:2015年11月1日~11月21日
施工規模:約300㎡


園の声

これでようやく園庭が完成しました。

旧園舎の園庭とは環境が大きく変化しています。

引き続き職員とも話し合い、子どもたちの五感が育まれる園庭へと、これからも成長させていきたい。