ぼだいじこども園(三重県津市)
園庭改造 第二期工事。
(2018年12月1日)



ちょうど1年前に、園庭改造第一期工事として
石垣、築山、トンネル、砂場などをつくりました。

そしてこの度、第二期工事としてグランドスペースと
この他の園庭スペースを分ける、生垣的な意味を持つ植栽帯をつくりました。

基盤整備をぼくたちが行い、実際の植え込みは植樹祭と称して
子どもたちとその保護者、先生たちみんなで楽しく作業しました。

今回の植栽では高木に果樹を多く配置し、それら高木の足元には
季節の移り変わりを五感で感じ取れる低木群を植えました。
単なる植栽帯ではなく、草木を分け入っていく迷路のこみちをイメージして計画しました。
小さなエリアですが子どもたちはそこにやってくる生きものの営みを感じ取って欲しいものです。

ちなみに、ぼくたちが園を去った2時間後、
ヤマボウシの木にヤモリが刺さっていたとの連絡がありました。
これはモズのはやにえです!
まさに驚きで子どもとたちと一緒に観察したそうです。


完成1


完成2


植樹(説明)


植樹(作業)


レンギョウのトンネル


モズのはやにえ(ヤモリ)



DATE
園名:社会福祉法人ぼだいじ福祉会 ぼだいじこども園
住所:三重県津市南中央10-18
施工日:2018年11月30日~12月1日
施工規模:約26㎡