原っぱテーブルの真価

 


テーブルの上に虫を放して、目線を下げるとそこには虫の世界が広がります。
 

四季を通して、植物の日々の成長や土の中の生きものの様子が間近で見えます。
 

虫や植物を近くで見ると、色んな発見があり、愛おしい気持ちが沸いてきます。
 

テーブルの上で絵本を読んだり、ごっこ遊びをすると、躍動感や臨場感が増します。
 

これらは全て、自然の神秘さに目を見張る感性を育みます。

 

園庭のテーブルを芝生に??
今までにない発想の環境は、子ども達の園庭遊びに新たな化学変化をおこしました。
丸太のイスに座れば子どもの目線に緑の芝生。虫や雑草との出会いに季節を感じ、テーブルの下を潜れば土の中の不思議探検。
そして動物や木々のフィギュアを環境にプラスすればジオラマになってファンタスティックな物語が始まります。
遊び方は子どもの発想の数だけ。友達と語らう時や保護者の立ち話の時も。
優しい芝生のテーブルは、みんながつい集まりたくなる空間になります。
 

社会福祉法人小百合苑 柳町園 園長 大西 宏幸

 

原っぱテーブルの組み立て方
1.脚を本体と固定する
梱包していた段ボールを広げ、その上で本体を逆さむけます。
脚を同梱しているスレンレスビスで固定します。
※必ずプラスドライバーをご使用ください。
脚を固定したらテーブル全体を持って、向きを戻します。
2.植生マットを敷き詰める
同梱されている4枚の植生マット(※1)を袋から出し、本体の中に敷き詰めます。(※2)
(※1) 植生マットの種類は、お客様がご指定頂いたものを同梱しています。
(※2) オオバコ、ヒメイワダレソウには、60cm×60cm厚み1cmの嵩上げヤシマットが同梱されています。嵩上げヤシマットを敷いた上に4枚の植生マットを敷き詰めて下さい。
3.目砂を伸ばす
同梱されている砂を4枚の植生マットそれぞれの上に山積みします。
砂の山を崩しつつ、指でこするように4枚の植生マット全体に(食物の根本に砂が届くように)伸ばします。
最後に、テーブル底の穴から水が出るほど、ジョーロ等でたっぷり水をあげてください。

※詳しい組み立て方は、付属の組立説明書をご覧下さい。
  その他ご不明な点などありましたら、どうぞお気軽に、こどもみらい本社までお問合せください。
 

植生マット・植物のご紹介

4種類の植物から、お好みの植物を1種類お選びください。

日本で自生している芝
乾燥や病害虫に強い
密度が粗く、葉も広い
 

葉が細く柔らかい
色が鮮やか
成長が早い
 

再生力が強い
春~秋、花茎が立つ
茎を組合わせて引っぱって遊ぶ

繁殖力が旺盛
春~秋、小さな花が咲く
多肥を好まない
 

◆原っぱテーブル・セットの中に、お選び頂いた植生マット(30cm×30cm)が4枚同梱されています。
◆4種類の植物はいずれも秋~冬にかけて休眠状態(枯れ色)になります。
 

原っぱテーブルご購入について
 
【販売価格(送料別途)】

テーブル

(約60cm×60cm×高さ70m)
100,000円(税別)
テーブル・丸太いすセット

(いす:Φ25~30cm内外×高さ30cm)
134,000円(税別)

 
〈原っぱテーブル A4チラシ〉
※クリックすると拡大(PDF)してご覧頂けます。

 
◆原っぱテーブルの詳しい内容はお電話(06-6427-0023)、またはお問合せフォームからお気軽にご連絡下さい。
◆ご注文については、下記の注文フォームに必要事項を入力のうえご送信いただくか、お電話(06-6427-0023)にてご連絡下さい。
 
【ご購入前にお読み下さい】※原っぱテーブルに関しての注意事項等について
 

原っぱテーブル ご注文フォーム

下記フォームに必要事項を入力のうえ、ご送信ください。
内容を確認のうえ、担当者よりご連絡させていただきます。
 

お名前(※必須)
園名・屋号・会社名
メールアドレス(※必須)
メールアドレス【確認】(※必須)
電話番号(※必須)
ご希望の商品(※必須)
ご質問等