設立趣旨
私たちは園庭を考える機会を通して、園関係者や保護者等、園に関わる様々な立場の方々と意見交換を重ねてきました。
そこで「大人たちの自然体験の希薄さ」「子どもたちの運動能力や免疫力の低下」「園に対する保護者の依存体質」等、子どもたちを取り巻く数々の問題を目の当たりにし、今のままでは、子どもたちの未来、ひいては日本の未来に危機感を覚えました。
一方で、幼児期に豊富な自然体験活動をした児童に関する研究(※)によると、「昆虫を捕まえる」「野外で食事を作ったり、テントに泊まる」「自然の材料で工作する」「海や川で泳ぐ」「米や野菜を植え育てる」等の自然体験活動の頻度が多い子どもほど自然への理解が深く、運動能力・体力・健康面に優れており、また人間関係やコミュニケーション能力などについても高い評価を得ています。また、その他多くの研究においても、幼児期における自然体験活動の重要性が結論付けられています。
※国立オリンピック記念青少年総合センター研究紀要、第5号、2005年、(信州大学 山本・平野、子どもの森幼児教室 内田)

そこで私たちは、子どもたちの未来、ひいては日本の未来を案じ、子どもたちが大いに自然と戯れ、安心して遊ぶことができる園庭にこそ、その価値を見いだし、乳幼児の子どもたちの成長過程のあるべき姿を追求していく道を、志ある園と共に歩んでいこうと決意しました。

企業理念
私たちは園庭をグランドとは分け隔てて考え、本来の園庭とは、園の庭であり、たくさんの命と出会える場所と捉えています。
園庭づくりにおいては、園の要望を踏まえ、造園・自然環境の知識と土木・建築の技術を融合させ、また保育士資格を活かし、「自然×冒険」をテーマに園庭を手がけていきます。
 
私たちはあいにく全ての園庭に汎用できるベストなコンテンツや技術は持ち合わせておりません。ただし、園庭というものを様々な角度から園と共に考え、そして提案と議論を繰り返し行います。
私たちは、こうした過程に誠心誠意取り組むことで、名実共にオンリーワンの園庭が生まれると確信しています。したがって、私たちの立場は、園の想いを具現化するいわば「園庭づくり応援団」なのです。

そうやってたくさんの人の想いでできた園庭、そこで遊んだ子どもたちが光り輝く未来を自ら切り開いていくことを私たちは願っています。

行動指針

一、 私たちは子どもたちの「センス・オブ・ワンダー」を第一に考え、園庭づくりに取り組みます。
一、 私たちは「園庭づくり応援団」として独創的なアイデアと巧みな技術を駆使し、園の要望に応えていきます。
一、 私たちは「どこでも出張自然ふれあい塾」を通して、子どもたちや保育者さんの自然と豊かに関わる感性を育んでいきます。
一、 私たちは一度手がけた園庭をあらゆる面からサポートし、園とのお付き合いが末永いものになるよう努力してまいります。
一、 私たちは子どもたちの光り輝く未来のために、「園庭づくり」において唯一無二の存在になるよう努力し続けていきます。

会社概要
社名 株式会社こどもみらい
本社 〒661-0001
兵庫県尼崎市塚口本町3-13-17
TEL.06-6427-0023 [代表]FAX.06-6427-0024
関東営業所 〒140-0001
東京都品川区北品川1-9-7 トップルーム品川1015
TEL:03-6869-4196/FAX:03-6869-4556
役員 代表取締役 廣瀬 泰士[保育士 兵庫県-052376]
設立 平成23年12月1日
事業内容 1.幼稚園・保育園等の園庭整備工事・メンテナンス
2.自然体験プログラム(どこでも出張自然ふれあい塾)
3.園庭土壌改良工事
4.書籍 ・遊具・おもちゃ等の企画・製作・販売
5.ビオトープ整備工事・講座・メンテナンス
資本金 300万円
建設業許可 兵庫県知事 第218807号
取引銀行 みずほ銀行  塚口支店
播州信用金庫  伊丹支店